カテゴリー「未分類」の記事

生命保険はどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

af9920061848l

 

 

積み立て型であれ、掛け捨て型であれ、そのまま継続させることができます。

 

これは、裁判所などの公的な機関が仲介しないことがそれを実現可能にさせています。

 

それに加え、個人再生の場合であっても、自己破産とは違って財産が処分される手続きではないため、保険はそのまま継続できます。

 

解約返戻金がよほど高額でなければ契約を続行させることができます。解約返戻金が20万円未満であれば解約の必要はありません。

 

なお、積み立て型の保険において発生する解約返戻金は債務者の財産とみなされます。

 

そのため、自己破産の場合、保険を解約すると返還を求められることがあります。

 

積み立て型の保険で解約返戻金が20万円以上の場合であっても、6か月以内にその額を積み立てられれば、解約しなくて良いこともあります。

 

ただし、解約返戻金が高額になると、支払保障額も高くなります。

さらに保険は加入する年齢や健康状態によって条件が大きく変わってくるため、再加入時に条件が不利になることも考えられます。

 

このため裁判所も生命保険の解約を要求してくることはありません。ちなみに自己破産後の保険加入は可能です。これは、債権処理によって影響を受けるのは銀行や信販会社といった金融機関のみとなっているからです

退職金はどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

多額の借金返済に困り、何とか整理したいと考えている方は多いですが、それにかかるデメリットの面で、躊躇しているということも少なくないようです。
勿論自分の都合で借金を減額してもらうわけですから、何もお咎めなしというわけにはいきません。

 

借金を整理した場合、どの方法をとるにしても、ブラックリストに載ります。

 

信用情報にその履歴が記録され、これが消えるまでは借金の類ができなくなり、クレジットカードなども作れなくなります。
しかし、その他のデメリットと言えば、自己破産した時以外はあまりないといえます。

 

自己破産すると財産を全て売却しなければいけませんし、将来もらえる見込みの退職金の一部を納めなければいけない場合も生じてきます。

 

しかし、その他の債務整理手続きの場合だと、財産は保有したままでいられますし、給与を差し押さえられるというようなこともおきません。
3年以内に債務を全額返済できる見込みがある場合でないと認められない手続きではありますが、債務はあるけれど給与もそれなりにもらっており、家や車などの財産も保有しているという方は、この方法で借金を整理すると良いですね。

 

af9920061160l

 

裁判所を介さず弁護士などに依頼して手続きするので、誰にもばれずにできるというのも大きなメリットです。

マイホームはどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

af9920061106l

 

 

 

多重債務に苦しみ、借金を整理することを決断した方は少なくありません。
法的な借金の整理は、ずばり返済額の減額、または免除することです。
仕方の無いこととはいえ、貸した側にとってはとても迷惑な話ですね。
やはりそれなりのペナルティは覚悟しなくてはいけないでしょう。

 

まず、債務整理のどの種類であっても、ブラックリストに載りますから、その後信用情報から履歴が消えるまでは、いかなる借金もできなくなります。

 

それから、例えば自己破産した場合は、借金は全額免除となりますが、家や車などの財産は全て失うことになります。
その他の債務整理の方法だと、財産を保有したままで減額ができるのですね。

 

ですから、マイホームを所有している方は、これを失わずに済むということになります。

 

しかし、これから家を建てたいと思っている方にとっては少々不利な状況になってきます。
借金を整理すると数年間は借金できない状況になるのですが、その情報が消えるとすぐに住宅ローンを組めるかというと、これは何とも言いがたいところです。

 

自己破産以外の債務整理の場合は官報などに個人情報が載ることはありませんが、整理した金融機関にはずっと情報が残ります。
少なくとも、整理したところでは住宅ローンは半永久的に組めないでしょう。

自動車ローンはどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

af9920061096l

ブラックリストに登録されていることから、新たにローンを組むのは難しくなってきます。

 

ブラックリストに登録される情報は5~7年は保有されます。

この期間が過ぎればローンも通過しやすくなります。

 

しかし、必ずしも審査に通過するとは言えません。借入先によってブラックリストを長期間保有する場合があるからです。

 

通常であれば、銀行のローンかディーラーローンを組むことになりますが、これらの審査に通過できなかった場合でも、販売店が独自に用意している自社ローンもあります。なお、ローンの審査を通りやすくするのであれば、頭金をできるだけ多くする、という方法があります。

 

また、自動車ローン自体を整理対象から外すという手もあります。これは、自己破産や民事再生とは異なり、裁判所を介さずに手続を行うため,特定の業者を手続きの対象から外すということが可能となるためです。

 

ただし、キャッシングも発生している場合は、ローン自体を外すことができず、キャッシングとローンの両方に対して整理を行う必要性が生じます。

 

なお、ローン自体を整理の対象にすると、ご自身が保有する自動車そのものを債権者に引き渡す必要性が生じるため、もし整理後も自動車をご使用なさる予定の場合にはご注意ください。

保証人はどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

債務の返済が滞った場合に備えて設定するのが保証人ですから、基本的には請求が行くと考えるのが妥当です。金融機関は返済されないと損失が発生しますから、そのために設定しています。ですから、金融機関としてはどのような形であっても、債務を整理すれば請求する権利はあると言えるでしょう。また、請求されれば代わりに返済をしなければなりませんから、迷惑がかかることもあります。

 

 

ただし、請求するかどうかは金融機関の判断によって決まります。任意で整理すると言うことは、金融機関と相談をして決めると言うことですから、請求しないという条件を提示することができる場合もあります。多くの場合には請求をしないようです。基本的に請求はしないと考えておけばよく、迷惑がかかることはないと考えておいても問題はありません。ただ、その後の返済が滞ったり、あるいはそれ以前の返済状況があまりにもひどい場合には信用を失ってしまうことになりますから、その場合には請求が行く事もあると考えられます。迷惑がかからないようにするためには、整理にお維持手くれたことに対して誠意を示すことが必要でしょう。そして、その後はきちんと返済を続けていく意思を示すことが必要なのです。

af9920061092l

任意整理ができるのはどのような場合か

2014年6月4日 / 未分類

af9920059426l

 

 

任意整理は借金をしている債務者が貸金業者などの債権者と交渉して、借金の元本や利息をまけてもらい、一括あるいは分割で債務整理ができる方法です。

 

この方法が可能なのは、債権者が利息制限法以上の高利をとっていることや、債務者が自己破産をすれば回収が完全に出来なくなるのを避けるためです。

 

またその交渉には債務者が直接行っても応じないことが多く、法律の専門家である弁護士等の協力も必要になります。

 

手続的には、債権者に整理案を提示して同意をもらう必要があります。

 

一括弁済する場合は家族や親族から援助が受けられ資産があることが条件になります。

 

 

そのような金額を用意できないときは、最長5年程度が限度ですが、分割弁済による整理案で債務整理ができるときがあります。

 

債務者の現在の資産とこれから得られる予定収入を合わせて返済額が決められますが、その整理案で返済できない場合は、自己破産や民事再生などの裁判上で解決する方法を探さなければなりません。

 

そして大事な点は家族にはその経過をすべて伝えておくことが必要で、身内がこの方法以外で債権者に便宜的に返済すると、債務者は同じ借金を繰返し、債権者も身内に返済を求めますので注意しなければなりません。

手続きの流れ

2014年6月4日 / 未分類

まずはじめに、司法書士と面談を行うことにより、借金の総額、借入先の数、全取引内容、家計の収支、財産の有無をはっきりさせます。この面談から相談者に最適と思われる債務の整理方法をアドバイスされます。もし相談者の方がその方法を承諾する場合は、その司法書士との間で委任契約が交わされます。この契約が成立した後は、司法書士が業者と和解契約を結ぶため、今後の返済プランが確立されるまでは、業者への返済がストップされます。

 

 

次に、司法書士が代理人となり、債務の整理手続きを行う旨を債権者に通知します。また最初の借入からについて、その明細を開示するよう業者に請求します。なおこの請求が各業者にとどいた時点から、業者は本人への督促や取り立てができなくなります。業者から取引明細が届くと、その明細をもとに、利息制限法による引き直し計算が行われます。この計算により、業者側に支払われる借金残高が確定します。なお、業者との取引期間が長くなる場合は、違法な取り方をされてきた利息分が多いことがあります。

 

このような場合は借金残高が減額されることになりますので、ケースによっては過払いとなることがあります。この流れにより残高が確定すると、今後については司法書士と業者との間で話し合いが齎されます。

 

これにより今後返済プランがまとまれば和解契約書を交わすという流れになります。最後に依頼者にその旨を報告し、依頼者は返済プランに沿って実際に返済を行っていくことになります。

af9920059371l

民事再生との違い

2014年6月4日 / 未分類

民事再生との違いは、まず法的な手段かどうかと言うことです。任意に債務整理を行うと言うことは、法的な力を借りずに、債権者と債務者との間で合意して整理することになります。法的な力を借りないという点で異なっていると言えるでしょう。

af9920059352l

もう一つの違いはマイホームの扱いについてです。住宅ローンが残っているマイホームがある場合には、これを残したまま整理することができます。再生というのは、元の生活を取り戻すことを意味するわけですから、マイホームは処分されません。もちろんですが、その代わりに返済を続けていくことは必要となってきますが、返済の条件も有利になります。例えば、債務を一部カットしてもらう事ができたり、将来に支払わなければならない利息をカットしてくれたりしますから、債務が残るとは言っても元の生活を取り戻しやすくなるという傾向はあります。

 

このように、いくつかの点で異なっている部分があります。どのような方法で債務を整理するのかは、それぞれの状況によって適したものが異なりますから、この点についても弁護士や司法書士に相談をするべきでしょう。何でもかんでも自己破産を勧めてくるような弁護士や司法書士は、あまり良いとは言えないのです。

任意整理のメリットデメリット

2014年5月23日 / 未分類

借金の返済は順調に行いたいですが、何らかの理由でその返済が滞ってしまうこともあります。

そして、借金は払えないからといってそれで許されるはずはなく、返済が滞っている間もますます利息は増えていくこととなります。

借金問題は長引くとそれだけ解決が難しくなりますので、できるだけ早く解決できるよう努力したいものです。

借金の返済が厳しくなると債務整理が選ばれることが多いですが、その手続のひとつに任意整理があります。

メリットとしては、裁判所を遠さずに債権者と交渉することで借金を減額できますので解決が早いということがあげられます。
そして弁護士や司法書士など専門家に依頼するとその時点で請求は止まります。
過払い金が発生している場合はそれを取り戻すことができることもメリットですし、将来の利息はカットされます。
そして自己破産のように資格制限はありません。安定した収入のある方にはこうした方法は向いていると言えます。

そしてデメリットについても考えていきたいですが、5年程度は新たに借入やカードを作ることは難しくなりますので、債務整理後はお金のことで困らないよう気持ちをしっかり引き締め、お金の管理はしっかり行うことが大切です。

af9920059239l

TOPへ戻る