保証人はどうなるのか

2014年6月4日 / 未分類

債務の返済が滞った場合に備えて設定するのが保証人ですから、基本的には請求が行くと考えるのが妥当です。金融機関は返済されないと損失が発生しますから、そのために設定しています。ですから、金融機関としてはどのような形であっても、債務を整理すれば請求する権利はあると言えるでしょう。また、請求されれば代わりに返済をしなければなりませんから、迷惑がかかることもあります。

 

 

ただし、請求するかどうかは金融機関の判断によって決まります。任意で整理すると言うことは、金融機関と相談をして決めると言うことですから、請求しないという条件を提示することができる場合もあります。多くの場合には請求をしないようです。基本的に請求はしないと考えておけばよく、迷惑がかかることはないと考えておいても問題はありません。ただ、その後の返済が滞ったり、あるいはそれ以前の返済状況があまりにもひどい場合には信用を失ってしまうことになりますから、その場合には請求が行く事もあると考えられます。迷惑がかからないようにするためには、整理にお維持手くれたことに対して誠意を示すことが必要でしょう。そして、その後はきちんと返済を続けていく意思を示すことが必要なのです。

af9920061092l

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る